2018年5月17日 (木)

平成30年度 第1回香川県小中学校教頭研修会

5月15日(火)に、第1回香川県小中学校教頭研修会が県教育会館で開催されました。

前半は、大石会長のあいさつ、各支部役員の自己紹介の後、県教頭会総会に向けて、
・平成29年度の事業報告、会計決算・監査報告
・平成29年度の小中学校校長会・教頭会基金管理状況報告
・平成30年度の役員選出
・平成30年度研修計画案、事業計画案、会計予算案
について、話し合われました。
Img_0437Img_0450Img_0453_2
後半は、川上研究部長より、研究主題や研究の進め方、研究の全体構想等が提案されました。
本年度は、第11期の研究の2年次になるそうです。
これまでの研究を通して明らかになった成果と課題をもとに、業務改善を視野に取り組んで欲しいといったお話がありました。

また、事務局から、県小中学校教頭会の運営や総会についての留意事項の説明や、今年の秋にある四国地区小中学校教頭会香川大会に向けて、一致団結して取り組んで行くことが確認されました。
Img_0461Img_0464Img_0468

2018年2月19日 (月)

平成29年度 香川県PTA連絡協議会役員研修

平成30年2月17日(土)

リーがホテルゼスト高松で香川県PTA連絡協議会役員研修が開催されました。
この研修会には、県教頭会からもたくさんの教頭先生方が参加し、相互の交流を深めるために行っています。

県P連会長、県小中学校教頭会副会長のあいさつ等が開会行事でありました。

1Dsc_0137
開会行事の後、株式会社船井総合研究所サイバーセキュリティーチーム 兎澤直樹 氏から、「他人事では済まされない!情報セキュリティの基本と対策」と題して、講演がありました。Dsc_0139
講演では、最近の情報被害の実態から、「知ること」、「最新化すること」、「ウィルスソフトを活用すること」、「子どものスマホにルールを設けること」など、被害に遭わないためにできる対策について、分かりやすくお話してくださいました。

講演の後は、グループに分かれて、現在取り扱っている個人情報について、リスク回避のためにどのように取り扱っていくかを協議しました。
保護者の方の率直な意見を聞くことができ、大変参考になりました。

最後に研究副部長から、協議のまとめをして終わりました。
Dsc_0142

平成29年度 第11回 香川県小中学校教頭研修会

平成30年2月13日(火)

第11回香川県小中学校教頭研修会が香川県教育会館で開催されました。
本年度最後の研修会となりました。

前半は、会長あいさつの後、中央研修大会及び四国地区小中学校教頭会理事会等の報告、平成29年度の事業報告・会計中間報告・平成30年度事業計画・研修計画等がありました。
中央研修大会の報告では、主にミドルリーダーの在り方について報告がありました。
また、来年度からの研究テーマ(サブテーマ)についての趣旨説明及び質疑応答がありました。Img_0336_2Img_0343Img_0358Img_0382

後半は、香川県小学校長会会長 森 正彦 校長先生から、「当面する教育課題」と題して講演がありました。

校長先生からは、教職員の指導育成の大切さについて、また、管理職としての心構え等について、これまでの経験を元に話されていました。
特に、教職員のモチベーションを維持させるために、失敗やミスには目もくれず、うまくいったことだけに目を向けるなど、子どもたちと同じようなかかわりが大切である、といったことが心に残りました。
管理職は、「その気にさせる」「調子に乗せる」「天狗にさせる」ことこそが役割であるといったことを胸に、教職員にかかわっていきたいと思いました。
Img_0395

2018年1月18日 (木)

平成29年度 第10回県小中学校教頭研修会

平成30年1月16日(火)

県教育会館で開催された第10回県小中学校教頭研修会では、前半は、労働衛生コンサルタント・産業医の 矢野 智宣 氏より、「管理職によるメンタルヘルス対応」と題して講演がありました。
香川県でも、児童・生徒や保護者対応に疲れ、病休を取られる教員がいる実態から、メンタルヘルスの重要性について話されていました。
P1050526
管理職による普段の声掛けや環境調整等により、ラインケアを積極的に行い、早期発見・対応をすることの大切さを改めて確認することができました。
また、しっかり話を聴くことや相談をすること、教職員の安全配慮義務の中には心身の健康も含まれること等、新たに知ることもできました。

教職員の働き方改革のことが取りざたされている現状も踏まえ、積極的に声を掛けながら、メンタルヘルスに取り組んでいきたいと思いました。

後半は、大石会長のあいさつの後、平成30年度の事業計画(案)や県小中学校教頭会研究大会の反省及び平成30年度からの研究テーマ(サブテーマ)について、事務局及び研究部より提案がありました。
Img_0301Img_0314Img_0320
来年度は、香川で四国大会が開催されます。
それに向けて、県小中学校教頭会が一丸となって取り組んでいくことを確認できました。

2017年12月22日 (金)

平成29年度 第9回香川県小中学校教頭研修会

平成291212日(火)

県教育会館で開催された第9回県小中学校教頭研修会では、前半は、大石会長のあいさつの後、事務局から平成30年度の事業計画、学校事務との連携について説明等がありました。
学校事務との連携では、事務職員と教頭との意識に若干のズレがあることが分かりました。
来年度、香川県で開催される四国大会での報告も予定されているので、今後更なる分析をしてくれると思います。

また、独立行政法人 水資源機構 関西・吉野川支社吉野川本部長 柳川 晃 氏から、「水と水資源の活用 ~香川用水の時間的調整と地域的調整とその効果について~」と題して、講演がありました。
早明浦ダムや香川用水によって香川県の水不足は解消されましたが、いつ渇水が起こるか分かりません。
水の大切さについて、感じることができました。
P1050492_3P1050495_3P1050503_3

後半は、香川県教育委員会事務局義務教育課 大林課長補佐様から「当面する教育課題について ~香川県いじめ防止基本方針の改定から~」と題してご講演がありました。

大林補佐様からは、昨年度のいじめ認知件数が全国最小となったことを受け、「組織的に働きかけをしているものを積極的に認知する」重要性を改めて確認することができました。

お話の中で、いじめ問題の理解度チェックシートを使って具体的に対応を考える時には、いじめかどうか判断に迷うこともありました。もっとも印象に残ったのは、いじめの認知は子どもたちに人間関係を学ばせるチャンスであり、低学年で軽微ないじめを指導しておくことが、生徒指導上有効であるということです。
教頭として、いじめの正確な認知やその先にある教育的働きかけの大切さについて教職員間の共通理解を図り、組織的な対応ができる学校づくりに邁進したいと思いました。

これから、学校評価をもとに次年度の取り組みを見直していく、我々教頭にとって、大変貴重なご示唆となりました。
P1050509_2



2017年11月16日 (木)

平成29年度 香川県小中学校教頭会研究大会

平成29年11月7日(火)

高松市文化芸術ホール(サンポートホール高松)を会場に平成29年度香川県小中学校教頭会研究大会が開催されました。
県内小中学校の教頭先生の多数の参加を得て、盛大に会を開催することができました。

開会行事では、ご来賓として、県教育委員会事務局義務教育課長 久保 博紀 様、県小学校長会 会長 森 正彦 様、県中学校長会 会長 津山 勝義 様にご参加いただき、祝福のお言葉等を賜りました。

PhotoPhoto_2

開会行事に引き続き、講演が開催されました。
講師は、独立行政法人 大学入試センター理事 浅田 和信 氏でした。
子どもたちが生きる未来の状況や新学習指導要領を中心に、これからの授業の在り方についてお話がありました。
また、高大接続改革は、小・中学校から関係していることを力説されていました。
最後に。教育は、未来を創る重要な仕事であり、「内」に対して厳しくすることで、高め合うことができるといったお話がありました。

教師として、子どもたちの人生を左右する重要な仕事を担っていると、再度自覚することができました。
参加者一同、有意義な時間を過ごすことができました。

Photo_3

午後の分科会では、5つの分科会に分かれて熱心な討議がなされました。
2本の提案をもとに、教育課程に関する課題、子どもの発達に関する課題、教育環境整備に関する課題、組織・運営に関する課題、教職員の専門性に関する課題について、それぞれ業務改善を視野に話し合いました。
日々の教育現場を見直し、よりよい改善策を模索する議論が展開されました。
また、ご指導の先生方からは、温かい励ましと、学校のキーマンとしての教頭の重責を再確認するお言葉をいただきました。
Photo_4Photo_534Photo_6







2017年10月29日 (日)

平成29年度 第7回香川県小中学校教頭研修会

平成29年10月13日(金)

県教育会館で開催された第7回県小中学校教頭研修会では、前半、11月に開催される研究大会について、日程等の最終確認が行われました。

P1050145P1050148

後半は、さぬき市にある徳武産業株式会社の代表取締役会長 十河孝男 氏から、「感動のオンリーワン企業を目指して」と題して、講演がありました。

徳武産業株式会社は、従業員80名弱の中小企業ですが、年間売り上げが100億円を超え、高齢者・障害者向けケアシューズでは、日本のトップ企業になっています。
「あゆみシューズ」をご存じの方も多いのではないでしょうか。

十河会長からは、50年会社が残っている割合は、1%にも満たないことから、常にニーズを捉え、対応(変革)していくことの大切さや、他にまねできないオリジナルのものを持つこと等、私たち教員も考えなければならないお話でした。

また、お客様だけでなく、社員も幸せでなければならないとの理念から、コミュニケーションを大切にする工夫も話されていました。
子どもたちだけでなく、各校の教職員が、この学校でよかったと思える職場環境にしていくのは、私たち教頭の努めであると改めて感じました。

P1050163P1050174P1050201








2017年9月14日 (木)

平成29年度 第6回香川県小中学校教頭研修会

平成29年9月12日(火)

県教育会館で開催された第6回県小中学校教頭研修会では、
・全国公立学校教頭会理事会報告
・全国公立学校教頭会研究大会 埼玉大会報告
・香川県小中学校教頭会研究大会 分科会発表内容検討
等について話し合われました。

全公教理事会及び全公教研究大会埼玉大会報告では、大石会長や岩佐事務局長から、今後の方針や講演内容等についての報告がありました。

研究大会に向けての分科会発表内容検討では、5つの分科会に分かれ、10本の提言に対して、それぞれ真剣に話し合われました。
プレゼンや資料等の最終確認ができたので、当日も、すばらしい発表をしてくれると思います。
発表される方々、がんばってください。
P1050036P1050056P1050087P1050077P1050141










2017年8月22日 (火)

平成29年度 香川県教育県民会議 創立40周年記念大会

平成29年8月19日

香川県教育会館ミューズホールで、香川県教育県民会議 創立40周年記念大会が、大会主題「心豊かな子どもを育てるために -家庭・地域・学校がチームとなって-」のもと、開催されました。
保護者や校長・教頭をはじめ、たくさんの学校関係者が参加していました。

開会行事では、主催者の七條会長や濱田県知事等のあいさつ、国会議員等の来賓紹介がありました。

Dsc_0027Dsc_0028
開会行事の後は、讃岐国分寺太鼓保存会による記念演奏がありました。
小中学生から大人まで、迫力のある演奏に、心打たれるものがありました。

Dsc_0030Dsc_0032Dsc_0033

そして、最後に、香川大学教授の清國先生をコーディネータとしたパネルディスカッションがありました。
PTA、地域、企業、学校の代表者がパネラーになり、それぞれの立場で大会主題の「心豊かな子どもを育てるために」のテーマに沿って話し合われました。

Dsc_0036

言葉を大事にすることやコミュニケーション力を身に付けていくことなど、家庭・地域・学校ができることをしていく、とまとめられたように思います。

半日でしたが、充実した記念大会となりました。

2017年8月 3日 (木)

平成29年度 第5回香川県小中学校教頭研修会

平成29年8月1日(火)

レクザムホール第1・2会議室で、第5回香川県小中学校教頭研修会が開催されました。

前半は、全公教研究部長会報告、全公教要請部長会報告、県大会役割分担の確認、学校事務部会夏季研修会参加報告等が行われました。

P1040986_3Img_0083_2Img_0100_2
後半は、香川大学教育学部附属教職支援開発センター長 七条正典 先生より、「道徳科を要とした道徳教育の推進 ~道徳科全面実施に向けての課題とポイント~」と題してお話がありました。
七条先生からは、小学校では来年度から、中学校では再来年度から始まる道徳科について、具体的な実践例を紹介しながら、分かりやすくお話をしてくださいました。
中でも、
〇「読み物道徳」から「考え、議論する道徳」への転換のために、視点の転換・拡大・深化を図れる授業をすること
〇学級担任が35時間の授業を考えるのではなく、学年団等の複数の教員で授業を行う「ローテーション道徳」を考えてみること
といったお話が心に残りました。

それぞれの学校で、道徳科について考える際の参考になるものでした。

Img_0179
研修会の後は、香川県教育委員会事務局義務教育課 久保課長をはじめ、顧問をされている校長先生方もお招きし、情報交換会を行いました。

子どもたちや教職員のために、教育委員会、校長先生方ともしっかり連携を取っていきたいと、改めて思いました。
Dsc_0006

«平成29年度 第4回香川県小中学校教頭研修会