2017年11月16日 (木)

平成29年度 香川県小中学校教頭会研究大会

平成29年11月7日(火)

高松市文化芸術ホール(サンポートホール高松)を会場に平成29年度香川県小中学校教頭会研究大会が開催されました。
県内小中学校の教頭先生の多数の参加を得て、盛大に会を開催することができました。

開会行事では、ご来賓として、県教育委員会事務局義務教育課長 久保 博紀 様、県小学校長会 会長 森 正彦 様、県中学校長会 会長 津山 勝義 様にご参加いただき、祝福のお言葉等を賜りました。

PhotoPhoto_2

開会行事に引き続き、講演が開催されました。
講師は、独立行政法人 大学入試センター理事 浅田 和信 氏でした。
子どもたちが生きる未来の状況や新学習指導要領を中心に、これからの授業の在り方についてお話がありました。
また、高大接続改革は、小・中学校から関係していることを力説されていました。
最後に。教育は、未来を創る重要な仕事であり、「内」に対して厳しくすることで、高め合うことができるといったお話がありました。

教師として、子どもたちの人生を左右する重要な仕事を担っていると、再度自覚することができました。
参加者一同、有意義な時間を過ごすことができました。

Photo_3

午後の分科会では、5つの分科会に分かれて熱心な討議がなされました。
2本の提案をもとに、教育課程に関する課題、子どもの発達に関する課題、教育環境整備に関する課題、組織・運営に関する課題、教職員の専門性に関する課題について、それぞれ業務改善を視野に話し合いました。
日々の教育現場を見直し、よりよい改善策を模索する議論が展開されました。
また、ご指導の先生方からは、温かい励ましと、学校のキーマンとしての教頭の重責を再確認するお言葉をいただきました。
Photo_4Photo_534Photo_6







2017年10月29日 (日)

平成29年度 第7回香川県小中学校教頭研修会

平成29年10月13日(金)

県教育会館で開催された第7回県小中学校教頭研修会では、前半、11月に開催される研究大会について、日程等の最終確認が行われました。

P1050145P1050148

後半は、さぬき市にある徳武産業株式会社の代表取締役会長 十河孝男 氏から、「感動のオンリーワン企業を目指して」と題して、講演がありました。

徳武産業株式会社は、従業員80名弱の中小企業ですが、年間売り上げが100億円を超え、高齢者・障害者向けケアシューズでは、日本のトップ企業になっています。
「あゆみシューズ」をご存じの方も多いのではないでしょうか。

十河会長からは、50年会社が残っている割合は、1%にも満たないことから、常にニーズを捉え、対応(変革)していくことの大切さや、他にまねできないオリジナルのものを持つこと等、私たち教員も考えなければならないお話でした。

また、お客様だけでなく、社員も幸せでなければならないとの理念から、コミュニケーションを大切にする工夫も話されていました。
子どもたちだけでなく、各校の教職員が、この学校でよかったと思える職場環境にしていくのは、私たち教頭の努めであると改めて感じました。

P1050163P1050174P1050201








2017年9月14日 (木)

平成29年度 第6回香川県小中学校教頭研修会

平成29年9月12日(火)

県教育会館で開催された第6回県小中学校教頭研修会では、
・全国公立学校教頭会理事会報告
・全国公立学校教頭会研究大会 埼玉大会報告
・香川県小中学校教頭会研究大会 分科会発表内容検討
等について話し合われました。

全公教理事会及び全公教研究大会埼玉大会報告では、大石会長や岩佐事務局長から、今後の方針や講演内容等についての報告がありました。

研究大会に向けての分科会発表内容検討では、5つの分科会に分かれ、10本の提言に対して、それぞれ真剣に話し合われました。
プレゼンや資料等の最終確認ができたので、当日も、すばらしい発表をしてくれると思います。
発表される方々、がんばってください。
P1050036P1050056P1050087P1050077P1050141










2017年8月22日 (火)

平成29年度 香川県教育県民会議 創立40周年記念大会

平成29年8月19日

香川県教育会館ミューズホールで、香川県教育県民会議 創立40周年記念大会が、大会主題「心豊かな子どもを育てるために -家庭・地域・学校がチームとなって-」のもと、開催されました。
保護者や校長・教頭をはじめ、たくさんの学校関係者が参加していました。

開会行事では、主催者の七條会長や濱田県知事等のあいさつ、国会議員等の来賓紹介がありました。

Dsc_0027Dsc_0028
開会行事の後は、讃岐国分寺太鼓保存会による記念演奏がありました。
小中学生から大人まで、迫力のある演奏に、心打たれるものがありました。

Dsc_0030Dsc_0032Dsc_0033

そして、最後に、香川大学教授の清國先生をコーディネータとしたパネルディスカッションがありました。
PTA、地域、企業、学校の代表者がパネラーになり、それぞれの立場で大会主題の「心豊かな子どもを育てるために」のテーマに沿って話し合われました。

Dsc_0036

言葉を大事にすることやコミュニケーション力を身に付けていくことなど、家庭・地域・学校ができることをしていく、とまとめられたように思います。

半日でしたが、充実した記念大会となりました。

2017年8月 3日 (木)

平成29年度 第5回香川県小中学校教頭研修会

平成29年8月1日(火)

レクザムホール第1・2会議室で、第5回香川県小中学校教頭研修会が開催されました。

前半は、全公教研究部長会報告、全公教要請部長会報告、県大会役割分担の確認、学校事務部会夏季研修会参加報告等が行われました。

P1040986_3Img_0083_2Img_0100_2
後半は、香川大学教育学部附属教職支援開発センター長 七条正典 先生より、「道徳科を要とした道徳教育の推進 ~道徳科全面実施に向けての課題とポイント~」と題してお話がありました。
七条先生からは、小学校では来年度から、中学校では再来年度から始まる道徳科について、具体的な実践例を紹介しながら、分かりやすくお話をしてくださいました。
中でも、
〇「読み物道徳」から「考え、議論する道徳」への転換のために、視点の転換・拡大・深化を図れる授業をすること
〇学級担任が35時間の授業を考えるのではなく、学年団等の複数の教員で授業を行う「ローテーション道徳」を考えてみること
といったお話が心に残りました。

それぞれの学校で、道徳科について考える際の参考になるものでした。

Img_0179
研修会の後は、香川県教育委員会事務局義務教育課 久保課長をはじめ、顧問をされている校長先生方もお招きし、情報交換会を行いました。

子どもたちや教職員のために、教育委員会、校長先生方ともしっかり連携を取っていきたいと、改めて思いました。
Dsc_0006

2017年7月11日 (火)

平成29年度 第4回香川県小中学校教頭研修会

平成29年7月7日(金)

第4回県小中学校教頭研修会が県教育会館で開催されました。

前半の部では、事務長、研究部、要請部から四国地区小中学校教頭会理事会の参加報告がありました。
11月にある四国地区小中学校教頭会研究大会に向けて、愛媛県の進捗状況等の報告がありました。愛媛国体の関係で、日程的に厳しい面があるけれども、参加をよろしくお願いしたいとのことでした。
また、昨年度より取り組んでいる「教頭会フォルダ」の運用についての説明がありました。各校のPTA連絡網と同じミッタメールを利用しているので、あまり違和感なく利用できそうでした。
実際の運用は、まだ先かもしれませんが、情報共有、業務改善につながるよう、適宜利用していきたいと思います。
P1040941P1040944_2
後半は、県教委義務教育課 日下課長補佐様から、「当面する教育課題について」と題してお話がありました。
新学習指導要領への移行や教員の働き方改革等、今後取り組むべき課題についてお話がありました。
また、香川県教育基本計画についてのお話では、学力やこころの育成、教員の指導力向上等の重点項目について、平成32年度の主な指標の目標値を示しながら説明してくれました。

P1040955
本県の教育の基本理念である「夢に向かってチャレンジする人づくり ~子どもたちの夢と笑顔を大切にする香川の教育~」を念頭に、日々実践していきたいと思いました。

2017年6月21日 (水)

第3回 香川県小中学校教頭研修会

平成29年6月20日(火)

県教育会館で開催された第3回県小中学校教頭研修会では、前半の部で
・全国公立学校教頭会総会・研修会の報告
・各支部教頭会の事業計画及び研修計画
・四国理事会報告
等について話し合われました。

Img_20170620_140952_2Img_20170620_142319_3

後半の部では、香川県中学校長会長 津山 勝義 校長先生から、「教育法規」についてお話や演習がありました。

例えば、22条講師や40条転任など、ふだんよく耳にする言葉ですが、法令等についてはよく知らないことも多くありました。
また、事例をもとにどのような刑罰を受けるか考えてみたり、学校施設を貸すことについて考えたりしました。具体的な対応等について解説を交えながら説明してくださったので、非常に分かりやすい内容となっていました。

法規に則って、対応していきたいと思いました。
Img_20170620_145729

2017年5月29日 (月)

平成29年度 香川県小中学校教頭会総会および研修会

平成29年5月23日(火)

サンポート高松第1小ホールにて、平成29年度の県小中学校教頭会総会並びに研修会が開催されました。
開会行事では、香川県小・中学校長会を代表して、岡田校長先生からご祝辞をいただきました。

その後、総会にて平成28年度の事業報告や会計報告等についての審議、平成29年度の事業計画や会計予算案等についての審議、研究部からの本年度の提案が行われました。

Dsc_0019Dsc_0027Dsc_0036Dsc_0049
総会終了後は、香川県教育委員会事務局義務教育課 久保課長様を講師にお招きし、ご講話を賜りました。久保課長様からは、「教頭への期待 -過去・現在・未来を見据え、今の教育を創造する-」と題しまして、学習指導要領と学校現場や社会情勢等を踏まえながら、分かりやすくお話してくださいました。

お話では、香川県においては、これから勝負の5年となり、若年教員の育成こそがその﨑の香川の教育の充実につながるものであり、そのことが、校長・教頭に託された使命として取り組んでほしいことや、私たち教頭が、今の教育を創造する原動力となってほしいといったエールをいただきました。

Dsc_0063P1040817

中でも、「嫌なことはさっさとやる」「やらなければならないことは腹をくくってやる」「時には助けてもらう。それが後進を育てる」といった言葉や、
「校長の立場で考え、教頭として行動する」「覚悟をもって、愉快に行動する」といった言葉が心に残りました。

誠実に、覚悟をもって様々な業務に取り組んでいきたいと思いました。

2017年5月19日 (金)

平成29年度 第1回香川県小中学校教頭研修会

5月16日(火)に、第1回香川県小中学校教頭研修会が県教育会館で開催されました。

前半は、大石会長のあいさつの後、第2回県教頭会総会に向けて、
・平成28年度の事業報告、会計決算・監査報告
・平成29年度の役員選出
・平成29年度研修計画案、事業計画案、会計予算案
について、話し合われました。

Img_20170516_141138Img_20170516_142605P1040765
後半は、大熊研究部長より、研究主題や研究の進め方、研究の全体構想等が提案されました。
本年度は、第11期の研究の1年次になるそうです。
これまでの研究を通して明らかになった成果と課題をもとに、業務改善を視野に取り組んで欲しいといったお話がありました。

P1040772


2017年2月20日 (月)

平成28年度 香川県単位PTA代表者研修会・役員研修

平成29年2月18日(土)に香川県教育会館ミューズホールで単位PTA代表者会・役員研修が開催されました。
県P連の歌の斉唱、県P連会長、県小中学校教頭会会長、県教委生涯学習・文化財課課長のあいさつや祝辞が開会行事でありました。

Img_20170218_150238Img_20170218_150535Img_20170218_150854Img_20170218_151336
開会行事の後、香川大学生涯学習教育研究センター教授 清國 祐二 先生から、「子どもの育ちとPTAの役割 ~地域・学校共同の流れの中で~」と題して、講演がありました。

Img_20170218_152601
清國先生からは、先の読めない社会を生き抜いていくために必要な力は、「やりぬく力、あきらめない力」「自制心、セルフコントロールできる力」である非認知能力であると、分かりやすく話されていました。
中でも、「チャレンジ精神は、確かな成功と乗り越えられる失敗が育てる」や、「子どもの内なる力(やる気)を引き出すファシリテーション力が教員や親には求められる」といった言葉が心に残りました。

子どもたちとの関係づくりが根幹にあることを改めて感じました。

«平成28年度 第11回 香川県小中学校教頭研修会